診療内容の特色

特色インプラント治療

特色審美性を重視した治療

特色口腔外科治療

特色歯周病・虫歯の治療

特色矯正歯科:デーモンシステム

特色予防歯科

特色小児歯科

● インプラント治療

宮山歯科医院では世界で最も歴史と実績あるブローネマルク・インプラント・システムと、長期的な臨床実験の結果、信頼度が高いITIインプラント・システムの2種類を採用して患者様の身体に適したシステムをご提供しております。

ガリレオスによるインプラント治療計画作成インプラントは、自然の歯に近い新しい歯を取り戻す理想的な治療法ですが、患者様の口腔の状態、健康状態や生活習慣などによっては適用できない場合もあり、精密な術前診査が極めて重要になります。当院では、インプラントをあくまでも失った歯を取り戻す治療法の選択肢の一つとして考えております。

術前診査及び治療に当たっては、院内で低被ばく線量のレントゲン3D画像診断システム「ガリレオス」を用いて口腔内全体の詳細データを取得し審査を行ないます。
インプラント治療計画の作成についても「ガリレオス」の統合環境の中で完全なシミュレーションと設計を行なった上で、治療方針決定から治療後の確認を含め、患者様にご説明しています。
写真右のような3Dレントゲン写真の画像処理を活用することによって、歯槽骨へのインプラント埋入位置や角度を歯肉を切開することなく精密に決めることができます。
一般の歯科医院ではCTスキャナー画像を取得する際に医科の病院の装置を借りて高い被ばく線量での撮影をして、インプラントのプランニング(設計)についても外部機関に委託する場合がありますが、当院はすべて院内で完結しております。

宮山歯科医院の症例症例を見る

インプラントの治療プロセス

CT撮影
↓
→すべてのケースで低被ばく線量のガリレオスを用います。
診査・診断
↓
→CT撮影結果を精査して、インプラント治療が適用できるかを診断します。
プランニング
↓
→ガリレオスのシミュレーションソフトを用いて、プランニングを行ないます。
患者様への説明
↓
→3Dレントゲン画像を活用し、手術の方法や費用等、充分な説明を行ないます。
今、実現できる最も安全、無痛的、正確、迅速なインプラント治療を受けていただくためには、患者様と医師との協力が必須となります。
サージカルガイドの製作
↓
→プランニング結果のデータを歯科技工士が製作した印象模型などと共に、ドイツのSICAT社(シロナ社の関連会社)に送り、「サージカルガイド」という、インプラント埋入手術を行うための精密位置決め装置を製作します。
ミクロン単位の測定データサージカルガイドを使用すると、ミクロン単位の極めて高い精度でインプラントを挿入するための歯槽骨へのドリリング(孔開け)ができます。
SICAT社で製作したサージカルガイドには1本ごとに位置や角度を精密測定したデータ及び、ガリレオスによってプランニングしたデータとの比較評価結果と合格証明が添付されてきます。
右の写真は6本のインプラント手術用に製作したサージカルガイドとその測定データです。
サージカルガイド写真左は更に進化させたサージカルガイドで、9本のインプラントの位置決め用に製作したものです。
ドリルのクランプ方法には手術時間短縮や患者さんの負担を減らすための工夫があります。
インプラント
埋入手術

↓
→サージカルガイドを患者さんの歯ぐきに固定して手術を行うことで、ガリレオスでのシミュレーション通りのインプラント埋入が可能になります。
従来は写真のように数多くのドリルを用意し、1箇所のインプラント埋入の孔開けを4〜5従来のドリル本のドリルで徐々に広げる方法をとっていましたが、当院では新しい発想のドリル形状により、1箇所につきその位置に最適な形状の1本のドリルで開けることが出来ますので、歯肉の切開や剥離を必要とせず、手術時間短縮や痛みの軽減に大きな効果があります。(写真右下)
中空ドリルこのドリルはチューバードリルといってインプラントサイズの中空形状の先端に刃部があります。刃部が少しだけ開いているのがポイントで歯肉と骨を低侵襲で一気に形成します。また中空形状のため削り取った骨がバーの中に保存されるので、その骨を自家骨として骨移植に利用できます。
人工歯の固定
↓
→本来あった健康な歯の機能と外観を取り戻すプロセスです。周囲の歯と色や光沢、透明感を合わせて作り、経時変化による変色や破損の無い良質な素材を用いることが得策です。
メインテナンス →インプラントを入れた部分に限らず、口腔内全体の健康状態を定期的にチェックすることが大切です。

●フラップレス・インプラント治療(歯肉を切開せず、痛くないインプラント治療)

最近のインプラント手術には歯肉の切開、剥離を一切行なわずに済む「フラップレス・インプラント」という方式があります。
メスを使わない最小限の外科侵襲(歯ぐきに埋めるインプラントとほぼ同じ直径3ミリ程度の必要最小限の穴を開けるだけ)で済みますので、術後の疼痛や出血がほとんどなく、オペ時間は従来の方法の1/4〜1/3で終了します。
フラップレスインプラントのための事前審査ただし、フラップレス・インプラントは通常のインプラントのように歯肉を開いて、インプラントを植える部位の歯槽骨の状態を直接確認することができないため、レントゲンやCTスキャナーを使って、歯槽骨の状態や形態を把握し、適合性を判定してから治療を開始することが必須です。

宮山歯科医院ではレントゲン3D画像診断システム「ガリレオス」のシミュレーション機能を活用することによって、歯槽骨へのインプラント埋入位置や角度を歯肉を切開することなく精密に決めることができます。

宮山歯科医院の症例症例を見る

ページトップに戻る

●審美性を重視した治療

宮山歯科医院では治療によって機能を回復するだけではなく、常に審美性を重視した診療を行ないます。
健康な天然の歯に近く審美性の高い治療をご提供できるような設備と環境を整え、口腔内全体のバランスを考慮した治療を行なうことによって患者様の生活の質、満足度の向上をサポートしております。

1ジルコニア・セラミックス治療

従来の詰め物、かぶせ物、ブリッジやインプラントに使う人工歯の材料は、レジン(樹脂)、金属、セラミックスが主流でした。
しかし、レジンは経年変化で変色してしまう、金属は審美面や腐食、更に金属アレルギーの問題があり、セラミックスの単独使用では強度面で限界がありました。
従来のセラミックスはかぶせ物やブリッジなどに使用する場合には補強が必要で、内側に金属を貼り付けるため、セラミックスの良さを発揮できない場合がありました。
これらの課題を克服した歯科用の新素材「ジルコニア」が加工技術を含めて実用化され、積極的に採用しております。
ジルコニアは、従来強度面からセラミックスを使用できなかった臼歯部(奥歯)やブリッジにも、審美性と健康面を配慮した人工歯として使えます。

ジルコニアとは
★人工関節などで長期の実績があり、多くの生体親和性試験をクリアした素材です。
★主原料である酸化ジルコニアはスペースシャトルの耐熱タイルやF1のブレーキシステムに使われています。
★人工ダイヤモンドやセラミック包丁などにも使われています。

歯科材料としてのメリットは
メリット金属アレルギーの心配、腐食や変色がありません
メリット天然の歯に近い透明感と美しさがあります
メリット表面が滑らかで汚れにくく、細菌の付着も少ないです
メリット軽量なので長いブリッジなどでも違和感が生じません(金の約1/3の重さ)
メリット健康な歯と同等の硬さとしなやかさがある、最も壊れにくい歯の材料です

宮山歯科医院の症例症例を見る

2歯ぐきの黒ずみ除去

半導体レーザー治療器歯がきれいでも、歯肉の色が黒くて気になる方もいらっしゃいます。
そのような場合には高出力半導体レーザー治療器を用いた歯肉のメラニン色素除去治療が効果を発揮します。
半導体レーザーは軟組織の表面付近だけに作用する特質がありますので、歯肉の表面付近に沈着したメラニン色素を数回の照射で除去し、数日後には健康なピンク色の歯ぐきに戻すことができます。

メラニン色素の沈着は喫煙や飲料のカフェインなどの直接的な刺激から歯ぐきを守るために発生します。喫煙習慣がある方は、メラニン色素が沈着しやすく、治療後1年ほどで再発するケースが多いようです。

宮山歯科医院の症例症例を見る

3バネのない入れ歯

磁石式入れ歯入れ歯はよく噛めない、食事が美味しくないというような機能回復に加えて、審美性が装着後のライフスタイルにまで影響してきます。従来の入れ歯は作っても使わなくなってしまうという方が少なくありません。
当院では患者さんの歯の状態に合わせてご相談の上、磁石を用いることによって固定用バネを不要とした「磁石式入れ歯」または、金属を使わずナイロン系樹脂の弾性を利用した「バルプラスト入れ歯」をお勧めしています。

A磁石式入れ歯
小型高性能の磁石を入れ歯に埋め込み、歯茎(歯根)には磁性ステンレスを埋め込んで吸着力で入れ歯をがっちりと固定します。
症例写真では、入れ歯の内面には強力な磁石を4個内蔵しているので入れ歯が安定し、かなり硬いものまで噛めるようになり、会話中に入れ歯が落ちる心配もまったくありません。
口蓋部のチタンは薄くて極めて軽いので装着感が優れています。金属アレルギーも一切ありません。

宮山歯科医院の症例症例を見る

Bバルプラスト入れ歯
バルプラスト入れ歯「バルプラスト」(Valplast)は米国で開発された金属バネを使わない入れ歯です。
バネのない入れ歯 バルプラスト

従来の入れ歯の床用材料と比較して弾力性・強度に優れており、軽く・薄く・壊れ難くできるのが特徴です。(重さは従来の半分)
部分入れ歯の場合でも金属バネを必要としないため、目立たず金属アレルギーの心配もありません。
歯ぐきによくフィットし、残っている健康な歯に負担をかけることもありません。お餅やガムも安心して食べることができます。

FDA(米国食品医薬品局)およびEU諸国で認可され有用性と安全性が確認されておりますが、国内では現時点で厚生労働省の認可が得れていないため輸入代行での取り扱いとなります。

4総入れ歯

総入れ歯でもチタン製の床、磁石式、セラミックス製の人工歯を用いて歯の配列位置や床の厚みなどを考慮すれば、口元のしわが目立たなくなるなど、顔貌も改善されますし、機能的にもかなり噛めるようになります。

宮山歯科医院の症例症例を見る

5ホワイトニング

宮山歯科医院では、審美歯科の先進国アメリカで生まれた安全で効果的なホワイトニングシステムを採用しています。
ホワイトニングの方法は
Aご自宅でBご来院時にCご自宅と院内での処置の併用
の3種類からあなたの現在の歯の着色の状態やその要因、求める白さのレベルや期間などの条件を総合してご一緒に選択します。

line
Aご自宅で行うホームホワイトニング「CONTRASTp.m.」:
あなた専用のトレイ(樹脂製マウスピース)に高粘度のジェルを入れて昼間または寝ている間に歯に装着します。
軽い着色の場合、1〜2回できれいになる場合もありますが、一般的には7〜10日間の装着で完了します。
*抗生物質による着色などはさらに期間が必要な場合もあります。
line
Bご来院時に行うオフィスホワイトニング「StraBrite」:
ホームホワイトニングより強力な過酸化水素系の薬剤を直接歯に塗布して1回10分間の処置を数回繰り返しながら着色を除去します。
*使用する薬剤は米国FDA(食品医薬品局)が認可した安全性の高いものです。
line
Cホーム&オフィスホワイトニング:
着色度がより高い場合にはホームとオフィスでのホワイトニングを並行して行うシステムを採用します。
それによって効果的かつ効果の持続性が向上します。
line

宮山歯科医院の症例症例を見る

ページトップに戻る

●口腔外科治療

歯肉と歯槽骨の整形・外科的矯正
歯周ポケットが深いケース、歯ぐきや歯槽骨の形態を整形する場合は歯周外科治療を行ないます。
高出力半導体レーザーを併用すればほとんど出血もなく治癒が早いです。

口腔軟組織疾患
歯周組織だけでなく舌、頬の粘膜などの疾患も早期発見・早期治療します。

宮山歯科医院の症例症例を見る

●歯周病・虫歯の治療

1歯周病治療

初期の歯周病であれば、原因である歯垢や歯石を徹底的に除去することによって改善されます。
当院の高出力半導体レーザー治療器を併用するとさらに短期に劇的に改善されます。

宮山歯科医院の症例症例を見る

2歯を削らない虫歯治療

宮山歯科医院ではミニマルインターベーション(最小限の侵襲)という概念のもとに、う蝕(虫歯)などの治療と修復において、歯質に対する犠牲を最小限にとどめる治療を行なっています。
自己治癒不可能なエナメル質は可及的に切削せずに、接着性歯科材料を用いることにより、その歯の寿命をできるだけ引き延ばすことができます。

これも宮山歯科医院の患者様の身体に優しい診療の一つです。

宮山歯科医院の症例症例を見る

3歯の根の治療

歯の根の治療は根管治療または歯内治療とも呼びます。
虫歯が進行すると歯の神経にまで感染してしまう場合があります。その場合、歯の神経が入っている根管を無菌状態にして、薬をつめる治療を行います。

根管治療を行った後に、クラウン(かぶせもの)を作りますが、その前に歯根の補強のため、コアという芯になる土台を歯根の中に入れます。
従来の金属製のメタルコアは硬いために強い力がかかると歯根を破損することがありますが、歯に近い弾力性があるグラスファイバー製のコアを使用することによって歯の寿命を延ばすことができます。
また、ファイバーコアは光の透過性があるので歯と同じような透明感が得られます。

宮山歯科医院の症例症例を見る

●矯正歯科治療:デーモンシステム矯正

デーモンシステムはアメリカの矯正専門医 Dr. Dwight Damon(デュイット・デーモン博士)によって1996年に開発され、2000年頃から急激に世界中に普及している画期的な歯列矯正の方式です。

デーモンシステム矯正とはこれは単なる新しい技術の出現というだけではなく、矯正治療におけるパラダイムシフトといっても過言ではないほどの大きな出来事として捉えられています。

デーモンシステムは従来より弱い力を用いているのにもかかわらず、歯は早く動きます。
その理由としては、生物学的に理にかなった考え方のもとで綿密に練られた治療法が構築されているからです。

デーモンシステムにはこんなに多くのメリットがあります。

メリット 治療中の痛みが少ない
メリット 治療期間が短かい
メリット 来院回数が少ない
メリット 非抜歯治療の可能性が高い
メリット 顎関節症などを引き起こしにくい
メリット 歯根吸収が少ない
メリット お口の清潔を保ち易い

従来の矯正方式従来の矯正装置は、歯を動かすために用いるワイヤーの張力を歯に伝えるために、ブラケットに強く固定していました。(写真左)
しかしそれでは、歯が動きたくても自由に動くことができません。
まさにブレーキをかけながら車を走らせようとしている状態で、そのために、ワイヤーを太くしたり、強い力のゴムなどを使うようになってしまったのです。

デーモンシステムではワイヤーをブラケットには固定せずに、ブラケットに設けた穴(スロット)の中を通すようデーモンシステムの矯正にしています。(写真右)
ワイヤーはブラケットのスロットの中で自由に動くことができるので、結果として歯は大きな力を加えなくてもかえって早く動くという生理学的な合理性が活かされています。

さらにデーモンシステムで用いるワイヤーは形状記憶合金で作られていることが特徴です。
形状記憶合金の中でも特に永久変形が少なく、ゆるい力を長い時間に亘って発揮することの出来る素材を使用しています。
それによって、従来のワイヤーのように調整をした直後の数日間だけ強い力が働いてしばらく痛み、その後は休止状態になるというようなことがなくなります。
しなやかな力が継続的に働くために歯周組織に負担をかけず、不快感が少なく、快適な治療が受けられます。

★当院ではデーモンの最新システムである「アドバンシンク」にも対応しています。
アドバンシンク方式「アドバンシンク」を用いるとデーモンシステムで歯並びを直しながら、骨格的な出っ歯、下顎後退を同時に治療していくことができます。
従来は骨格の問題を改善するために様々な装置をつけて長期間の治療が必要なため、患者様の負担がありましたが、「アドバンシンク」の採用によって不快感の改善と治療期間の短縮が期待できます。

これも宮山歯科医院の患者様の身体に優しい診療の一つです。

●予防歯科

PMTCの専用器具と研磨剤1PMTC
PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、専門家が専用器具を用いて歯をクリーニングする治療です。
毎日歯磨きしていても、歯と歯の間や歯の歯肉の間のプラークはバイオフィルムを形成して、強固に歯にこびり付いてしまいます。
PMTCによってバイオフィルムを破壊してプラークを取り除き、さらに歯の表面をツルツルに仕上げることで再びプラークが付着しにくい環境を作ります。
写真右は4段階の粗さの粒子の入った研磨ペーストチューブ、ジェットストリームの噴射装置とハンドピース。

一般の歯科医院では歯科衛生士がPMTCの処置を行いますが、当院では院長が入念に行います。

宮山歯科医院の症例症例を見る

2ブラッシング指導
ブラッシング指導というと一般的には歯ブラシの持ち方から、動かし方、磨く順番などを教わります。ところが実際に家で実践してみると時間がかかりすぎて面倒になりやめてしまう方が多いのが現実です。
宮山歯科医院では院長による2〜3分のブラッシング指導を受ければ、歯科医がクリーニングしなくとも毎日のブラッシングだけで歯がきれいになる方法を指導しています。当院お勧めのうがい薬を併用すると更に効果的です。
付着したプラークは細菌の塊なので歯周病、虫歯、口臭などの原因になりますが、歯石ではないので歯ブラシがしっかりできれば除去できるものです。

宮山歯科医院の症例症例を見る

●小児歯科

宮山院長は学校歯科医です宮山歯科医院の院長は学校歯科医を始めて7年目となります。
児童の歯科健診や口腔衛生指導を通じて、心身の健康維持と管理を推進しています。

乳歯と永久歯が混在する混合歯列期の矯正相談と矯正治療も院内で対応しております。

乳歯から永久歯に生え替わる時期に生涯、健康な自分の歯で食べられることの素晴らしさを知って、歯を大切にしていただきたいと思います。

ページトップに戻る